スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

薄い髪の毛・濃い体毛の原因は男性ホルモン

髪の毛が薄くなるのも、髪の毛以外の体毛が濃くなるのも、
どちらも男性ホルモンの働きが関わっています。

男性ホルモンにもいくつか種類のがあるのですが、
テストステロンというのが発毛に強い影響を与えています。

体内でテストステロンがどんどん分泌されることによって、
毛根の働きが刺激される仕組みになっているからです。

女性に比べて男性の方が毛深くなるケースが多いのも、
テストステロンの分泌量が多いから。

髪の毛が濃くなるのも、もちろん、
テストステロンの働きによるものなんですが、
テストステロンは違う物質に代わることで、
その性質が180度変わってしまいます。

テストステロンが
5αリダクターゼという特殊な酵素と結びつくと、
ジヒドロテストステロン(DHT)という
全く性質の異なる物質に変わってしまいます。


毛根の構造をさらに詳しく見てみると、
毛乳頭や毛母細胞、毛包といった組織で成り立っています。

毛母細胞が発毛で中心的な役割を担っている司令塔で、
毛乳頭が毛母細胞へ栄養や酸素を供給する補給部隊という
役割分担をしています。

DHTは毛乳頭に働きかけて、
毛母細胞への補給を妨げてしまいます。

毛母細胞の活動が鈍ることで、ヘアサイクルが大きく乱れ、
髪の毛が十分に育たず、細く短い毛になってしまったり、
長く伸びる前に途中で抜けやすくなってしまうんです。


一般的にAGAとは
DHTによる薄毛の進行を指しています。

男性じゃなくて女性であっても、
何らかのきっかけでDHTが生成されるようになると、
薄毛に悩まされるようになってしまいます。


・フィナステリドで薄毛改善できる?

AGA治療ではフィナステリドという育毛成分の入った
プロペシアという育毛剤が良く使われます。

フィナステリドには5αリダクターゼの働きを抑制し、
DHTの生成を抑えてくれる効果があるからです。


AGA治療で使われるくらいの育毛成分ですから、
フィナステリドを使うことで確かに、AGAによる
薄毛の進行を食い止めることができます。

実際にフィナステリドを使った人たちの口コミでは、
薄毛が改善された!という声がいくつも見つかります。


フィナステリドによる薄毛改善効果は確実なものがありますが、
ただ、口コミをよくよく調べていくと、
自己満足気味なケースも多いんです。

たとえば、ただ抜け毛の量が減っただけとか、
髪の毛が増えたと言っても、弱々しい毛が少しだけ増えたとか。

薄毛を抜本的に改善できたわけじゃない人も多いんです。


さらにフィナステリドの口コミで多いのが副作用の報告です。

フィナステリドを使い続けていくうちに、頭皮がかぶれやすくなったり、
効き目がどんどん落ちてきて使用量が増えてしまったり。

中には性欲減退・EDになってしまった人もいて、
その数は決して少なくはありません。


フィナステリドを使うのはあまりおすすめはできません。



・ミノキシジルで髪の毛は増える?

フィナステリドと同じくらい高い効果がある育毛成分として、
ミノキシジルがあります。

ミノキシジルもAGA治療でも使われているし、
市販の育毛剤(リアップ)でも
ミノキシジルが入っていますね。

ちなみに、ミノキシジルは製剤化が非常に難しいらしく、
そのせいでミノキシジル配合の育毛剤の種類は少ないらしいです。


ミノキシジルによって発毛を促すことができる理由は、
頭皮の血行を改善してくれるからです。

抜け毛が多い人・薄毛がちな人の頭皮が硬く冷たくなるのも、
頭皮表面までしっかりと血流が行き渡っていないから。


頭皮の血行が悪くなれば、当然、
毛根への酸素・栄養供給も妨げられます。

薄毛を招く致命的な要因である頭皮の血流不足も
ミノキシジルで改善することができるわけですが、
ミノキシジルにもやはり副作用があります。

性欲減退、悪寒、ED、体の別の部位での発毛などなど、
数え上げたらきりがないほど。

ミノキシジルを使って薄毛対策をするのも、
抜本的な解決は難しいものがあります。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策



スポンサーサイト