スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

体毛 濃いのに髪の毛 薄い原因と対策

髪の毛以外の体毛(ヒゲや胸毛、腕毛、すね毛など)が濃くなるのは、
男性ホルモンの働きが関わっています。

同じく髪の毛が生えるのも男性ホルモンが関わっているのですが、
男性ホルモンが変化することで、
逆に髪の毛の成長に致命的なダメージを与えてしまいます。

髪の毛を育てたり、伸びた髪の毛を抜けないように維持するのも、
毛穴の中にある毛根の機能です。

毛根が活発に機能すればするほど一本一本の毛は太く長くなるし、
髪の毛の様に1つの毛根から何本も毛が伸びるようになります。


しかし、男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)という
物質に代わってしまうと、毛根の働きをさえぎるようになります。

毛根に栄養が供給されない状態にしてしまい、
最終的には毛根を死滅させてしまうほど。

薄毛が進むのはDHTの働き・生成を
阻止することがまず一つ大切になります。

DHTの悪影響から毛根を守ることで、
発毛を促します。


そしてもう一つ大切なのが、
頭皮環境を改善すること。

毛根が活発に活動するには、
その土台となる頭皮が健康であることが前提です。

頭皮環境が乱れていると、
毛根の活動に必要な酸素や栄養を
十分に供給することはできません。


・DHTの生成・影響を防ぐ
・頭皮環境を改善する

という2つの条件を満たすことが
薄毛改善には必要不可欠になるんですが、
自力で条件を満たすのは難しいものがあります。

やはり育毛剤の力を借りるべきで、
おすすめの育毛剤はスカルプ5.0cです。

ミノキシジル(ミノタブ)やプロペシア(フィナステリド)
といった、医学的に効果が認められた育毛成分もありますが、
効果が高い反面、副作用のリスクも高くなっています。

薄毛は改善できたけれど、EDになってしまった、もしくは、
一時的に髪の毛は増えたけれど、頭皮環境が荒れてしまい、
髪の毛がさらに生えにくくなった、
といった事態が割と高い確率で起きているんです。

スカルプ5.0cはその点、
ほぼ天然成分の働きで薄毛の原因を解消していくので、
頭皮にも体の方にも悪影響を与える心配がありません。


フィナステリドと同等以上のDHT抑制力のある
ビオカニンAや、再生医療でも使われているアセチルテトラペプチド3
といった成分の働きで、毛根の働きを活性化。

さらに発酵プラセンタエキスやセンブリエキスなど、
頭皮環境改善に定評のある成分も含まれているので、
毛根が活動しやすい状態を整えてくれます。


さすがにミリオンヘアーのように、
スカルプ5.0cを使うと、あっという間に
髪の毛の薄い部分が目立たなくなることはありません。

最低でも、2〜3か月は
様子を見て使い続けなければいけないものの、
スカルプ5.0cには返金保証がついています。

効果がさっぱり現れないとか、
自分の頭皮や体質に合わないと思ったら、
返品してもらうことができるので、
安心してお試しできますよ。
↓↓↓
ザスカルプ




JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策



スポンサーサイト